代表理事挨拶

東海ネット医療フォーラム・NPOは、東海医療情報ネットワークコンソーシアムと共同で「社会が求める医療」と「高度な医療生活圏」の確立を推し進めるために、2006年4月に設立した非営利活動法人です。地域医療の抱える問題解決と、患者自身が情報連携の恩恵を享受できる社会を目指し、当NPOの最初の委託事業である経済産業省委託事業「地域医療情報連携システムの標準化及び実証事業」より一貫して、安全で使いやすい医療情報連携システムの開発と普及に尽力して参りました。

そして現在、情報技術革新やそれを取り巻く社会や環境の変化によって、手がけたシステムには新しい観点や発想が次々と盛り込まれていき、時を経るごとにシステムへの理解や認知が進んできたと実感しています。機微な情報を扱えるだけの安全性が担保できる極めて堅牢な技術的要件と、相反して現場で手軽に扱える分りやすさの両立を模索してきたこれまでの成果は、多職種情報共有システムとして「電子@連絡帳」システムに集約され、愛知県下中心に在宅医療・介護・福祉の現場で広く活用されるに至っています。

今後も「電子@連絡帳」システムを基盤とした患者中心の安全な情報連携体制の提供を軸として、これまでの成果やノウハウを社会や地域に還元できるよう、さらなる普及と推進に努めて参ります。

東海ネット医療フォーラム・NPO
代表理事 堀田 龍一