組織の概要・沿革

【 目的及び経緯、事業 (目的及び経緯) 】

  • この法人は、患者並びに健常者に対して、東海地区を中心とした情報技術 関連産業、 大学を始めとするアカデミア、医療を実践する各種医療機関および行政関係部門との連携を図り、 医療の向上に向けた自由な意見交換の場を提供する (任意団体)東海医療情報ネットワークコンソーシアムと協同し、 社会が求める医療と高度な医療生活圏の確立を目指し、 医用画像及び医用情報技術を基盤にしたより良い医療の究明と新しい医療システムに関する事業を行い、 最適な医療を提供し社会に貢献することを目的とする。
  • この法人は、目的を達成するため、次の事業を行う。
    1. 社会が求める医療と高度な医療生活圏の確立に関する活動や医療情報ネットワーク構築・運営に関する事業
    2. 社会が求める医療と高度な医療生活圏の確立に関する調査・研究・企画・提案事業
    3. 社会が求める医療と高度な医療生活圏の確立に関する講座・研修・イベント事業
    4. 社会が求める医療と高度な医療生活圏の確立に関する書籍、雑誌等の出版事業

    その他第3条の目的を達成するために必要な事業

  • 事業の実施に当たっては、 この法人の支援団体である(任意団体)東海医療情報ネットワークコンソーシアム顧問会と協議の上、行う。

【 役員 】

(種別および定数)

  • この法人に次の役員を置く。
    1. 理事 3名以上15名以内
    2. 監事 1名以上2名以内
  • 理事のうち、1人を代表理事、1人を副代表理事とする。
  • 理事及び監事は、正会員(法人または団体にあっては、その代表者または役職員)の中から総会の決議により選任する。
  • 代表理事及び副代表理事は、理事の互選とする。
  • 役員のうちには、それぞれの役員について、 その配偶者若しくは3親等以内の親族が1人を超えて含まれ、 又は当該役員ならびにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。
  • 監事は、理事又はこの法人の職員を兼ねることができない。

【 役員名簿及び組織表 】

最高顧問

役職 氏名 所属
最高顧問 吉 田 純 名古屋大学 名誉教授/脳神経外科学・遺伝子治療学

役員

役職 氏名 所属
代表理事 堀 田 龍 一 元・愛知工業大学 事務局長/名古屋大学 事務長(医・理・経)
理事 山 本 直 人 愛知県厚生連海南病院 病院長
理事 足 立 守 名古屋大学 名誉教授/堆積岩石・構造地質学
監事 竹 内 信 仁 名古屋大学 名誉教授/理論経済・財政学

顧問

役職 氏名
顧問 西 谷 吉 博
顧問 小 林 久 三

外部協力者

役職 氏名
顧問弁護士 河 野 悟
税理士 野 本 伸 一 郎
社会保険労務士 高 木 基 行

事務局

役職 氏名
事務局長 堀 田 龍 一
SE(システムマネージャー) 沖 宏 樹
総務(庶務・会計事務サポート) 渡 辺 絵 麻
庶務・経理担当 小 池 友 紀

【 組織 】

役職 氏名
設立 平成18年3月29日
所在地 名古屋市千種区上野三丁目8番16号 愛知工業大学 名電校 東管理棟3階
TEL:052-700-5625 FAX:052-700-5754
代表者 堀田 龍一
役員 理事3名 監事1名 顧問3名
事務局 事務局長1名、SE1名、事務2名

【 取り組み 】

事業
受託事業
  • 平成18-20年度経済産業省委託事業「地域医療情報連携システムの標準化及び実証事業」
  • 平成20-21年度総務省・一宮事業「地域ICT利活用モデル構築事業」
  • 平成23年度経済産業省事業「医療・介護等関連分野における規制改革・産業創出調査研究事業 (医療・介護周辺サービス産業創出調査事業)」
    多業種連携型 医療・介護・保険分野の「難民」対策調査事業 (株式会社コナミスポーツ&ライフ)
  • 愛知県医師会 在宅医療ネットワーク「いきいき笑顔」
  • 平成23年度グローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)
  • 平成25年度神奈川県脳卒中地域ネットワークをカバーするシステムの調査・検討
その他
  • Nagoya-RHIEシステムの開発・普及
  • 介護、カルテ、医療情報を支援する「電子@連絡帳」等の開発・普及
  • 電子@支援手帳の開発・普及
  • 電子@バイタル帳(生体情報連携監視システム)の開発・普及
  • 電子@画像連携帳(DICOMゲートウェイシステム)構築
  • 在宅情報収集デバイス「元気くん」の開発・普及
  • 医療・福祉関連及びその他のホームページの制作
発行物等
印刷物
  • 脳卒中手帳
  • 脳卒中連携クリティカルパス
  • 患者・市民中心の脳卒中連携医療-医療ICT(日本版RHIOとEHR)
  • 『健康・医療・介護』をつなぐ患者・市民中心のIT戦略
報告書等
  • 平成18-20年度経済産業省委託事業「地域医療情報連携システムの標準化及び実証事業」事業報告書
  • 平成18-20年度経済産業省委託事業「地域医療情報連携システムの標準化及び実証事業」事業報告書(ダイジェスト版)
  • 平成20-21年度総務省・一宮事業「地域ICT利活用モデル構築事業」報告書
  • 平成18-20年度経済産業省委託事業「地域医療情報連携システムの標準化及び実証事業」の普及状況報告書
  • 平成20-22年度総務省・一宮事業「地域ICT利活用モデル構築事業」報告書及びアンケート調査票
  • 平成23年度経済産業省事業「医療・介護周辺サービス産業創出調査事業」(株式会社コナミスポーツ&ライフ) 実績報告書・活動報告書
  • 平成23年度グローバル技術連携・創業支援補助金(創業枠)業務完了報告書
ビデオ
  • 実証事業における広報ビデオ(病院用)「連携医療を基盤にした脳卒中のリハビリテーション」
  • 実証事業における広報ビデオ(一般用)「脳卒中のネットワーク連携医療 愛知から動き出した日本版RHIO」
  • 英語版ビデオ「New Hrizonz of Neursurgery Operation」脳外科手術の最前線
  • ビデオ「救急救命士のための脳卒中トリアージマニュアル」
  • 第1回連携医療セミナー収録DVD(平生19年2月24日開催)
特許等
H25.11.8

  • 特許:「XDSによる情報転送システムおよび方法」(2008-204435) 特許第5403391号 登録

H25.12.6

  • 商標登録:電子@連絡帳 登録第5634911号
  • 商標登録:電子@支援手帳 登録第5634912号
  • 商標登録:電子@画像連携帳 登録第5634913号
  • 商標登録:電子@バイタル帳 登録第5634914号

H27.7.31

  • 商標登録:医福連携電子@連絡帳 登録第5782448号

H27.8.14

  • 商標登録:レスパイト電子@連絡帳 登録第5786555号
平成26・27年度実績
  • 電子@画像連携帳(DICOMゲートウェイシステム)保守・ライセンス提供(海南病院、一宮市立市民病院、済衆館病院、名大病院向け)
  • 電子@連絡帳システムライセンス提供(瀬戸市、尾張旭市、田原氏、豊橋市、津島市、豊明市、長久手市、新城市、豊川市、北名古屋市、大府市、名大病院向け)
  • 電子@バイタル帳(生体情報監視システム)ライセンス提供(名大病院向け)
  • 地域在宅小児医療ネットワークライセンス(電子@連絡帳・電子@支援手帳ライセンス)提供(長野県立こども病院)
  • 電子@連絡帳レスパイト施設予約機能開発(瀬戸旭医師会)
  • 医福連携電子@連絡帳システムソフトウェア開発(さくら総合病院)
  • ホームページの改訂版制作